浪費やめるにはキャッシングもやめるべき?

キャッシングベスト3

浪費をやめたいのですが、キャッシングもやめるべきですか

昔から浪費が激しく、給料の全てを使ってしまうような生活を続けていました。今の会社で働きだして三年以上経ちますが、貯金が未だ0円です。なんとか浪費癖を治そうと思って色々と節約するようにしているのですが、カードローンも解約するべきでしょうか。

キャッシングを利用しない方が良いことは重々承知しているのですが、簡単に手放すのも少しもったいない気がします。やはり、自分のような浪費癖で困っている人は、カードローンを利用せず貯金をされているのでしょうか。

カードローンの解約はちょっと待った!上手に利用しましょう

自分も浪費癖が治らず、親や妻に注意をされましたが、カードローンを解約せず貯金をしていくことに成功しました。結局は自分の意思の問題です。今のカードローンを解約をしても意思が弱ければ、新たな借金を作ることになってしまいます。

裕福でお金に苦労をしないような生活をしている人ならカードローンは不要かもしれません。しかしながら、普通の生活をされている人であれば、必ずカードローンに助けられる場面は一度は経験するものです。

カードローンの良さは、何時でも簡単にキャッシングが出来るというところです。このことが原因でお金を使い込んでしまう方が多いのは事実ですが、上手に付き合えば便利なシステムです。貯金は500万円で借金が200万円というような人だって普通にいます。

また、給料の全てを使ってしまうような生活をされているのであれば、尚更、カードローンが急な出費の助けになってくれるはずです。カードローンを解約して貯金に励むことも間違っていませんが、「お金が本当に必要になった時に簡単に貸してくれる人は側にいますか?」カードローンを解約しても、金銭面で助けてくれる存在がいるのであれば、カードローンを解約するのも良いでしょう。そもそも、そんな人が側にいるのであればカードローンを利用することすら間違っています。

しかし、頼れる人がいないのであればカードローンの解約は慎重に考えた方が良いでしょう。誰からも借りれないので、またカードローンの新規申し込みを行うことになるだけです。

浪費の為でなく「カードローンは急な出費の為だけに使う」と意識を変えて手元に置いておくようにしては如何でしょうか?数年間全く使わなくてもカードの維持費は0円です。

蓄えの無い人や浪費癖のある人がカードローンを解約するのは、色々な面で危険がありそうです。

どうしても解約をしたいのであれば、浪費癖が治って急な出費にも対応できるだけの貯金が貯まってから、カードローンを解約すれば安心です。

どうすればキャッシングをやめられる?やめたいあなたへのアドバイス

キャッシングをやめたい。やめたいと思っているのに、また借りてしまう。あともう少しで完済ということろまできたのに、また新たにローンを組んでしまった…。こういった悩みを抱えている方は意外にも多いようです。

そもそも、一番初めにキャッシングを利用したきっかけとは、何だったのでしょうか。例えば急な出費、冠婚葬祭が重なったり医療費がかさんだりなど、いつもではないけれど一時的に出費が重なった時に利用したというのであれば、キャッシングもその時だけのつもりで借り入れをしたのではないかと思いますしかしそれ以降もキャッシングを継続しているというなら、少し勘違いをしているようです。

その月だけなんとかやりくりする為の借り入れならば、その1回で終わらせることです。ピンチの時だけにとどめておくことです。それが一度でも現金が多めに手に入ってしまうと、借りたお金だということを忘れてしまい、色々使っても良いという気持ちになったのではないでしょうか。そこをまず自分で仕切り直す必要があります。

初めて利用した時は、まさかこれ程までに自分がやめられなくなるのだとは、予想もしていなかったのではないでしょうか。しかし人は、新しい環境にもすぐに慣れてしまいます。初めは少しのつもりでも、一時的にお金が増えるとなんでも買える気になって、それが借金をして購入したものだという感覚など、麻痺してしまうんですね。

本来、お金のやりくりとは、収入を得た範囲内でするのが原則です。ステキなマンションに住みたい、いつも新しい服が着たい、美味しいものを食べに行きたい、それは誰しもが思っていることです。しかしそれに見合った収入が無いのであれば、それは諦めて、先にそういう生活ができることを夢見ながら我慢をする、というのは当たり前のことです。

それを借りて叶えてしまうというのが間違いであり、欲しいものがあるけれどお金が足りないのであれば、収入を増やすしかないのです。頭ではわかっていることですよね。厳しいことを言いますが、その気持ちの甘えを改めること、そうでないと完済をしてもまた、キャッシングを繰り返す要素は残っています。

借金にも依存症が存在します。もしもあなたが本当にキャッシングをやめたいのなら、専門家の所へ、相談に行くことです。これも周りがいくら言おうが、本人が自分の意志で行動しなければ治療は進みません。強い気持ちを持って、新たな第一歩を踏み出して欲しいと思います。そんなあなたを、私は応援しています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 «憧れの高額時計を買っちゃう!?»借りやすいローン会社紹介! All Rights Reserved.